前へ
次へ

着物の管理で悩んだら着物買取を活用しよう

着物は数十万円から百万円以上など高額なものも多く、それゆえに大切に扱うことが大切です。
着物は高価ですが、お手入れが良ければかなり長期に愛用できます。
それゆえ、畳むときも、できるだけシワにならないようきれいに畳んでおくこと、保管するときはたとう紙に包み、桐ダンスやクローゼットに片づけておきます。
保管する際は防虫剤や防湿剤も活用しましょう。
着物はもちろん、帯や小物類も湿気を嫌いますので定期的に陰干しをすることもおすすめです。
とはいえ、着物の管理に慣れていない人は保管で悩んでいることも少なくありません。
着用する機会が少なくなると、それだけお手入れの回数も減る傾向にあります。
お手入れが悪いと着物はどんどん劣化してしまいますので、今後もあまり着用の機会がないという場合は手放すことも考えてみてはいかがでしょうか。
着物を手放す方法としては友人や知人、親戚などに譲る、オークションなどで販売するなどがあげられます。
より手軽に着物を処分するのであれば着物買取も検討してみましょう。
オークションなどで買い手を見つけるのは時間も必要ですが、着物買取業者なら早ければ即日にも対応してくれます。
着物買取は、その名前の通り、着物や帯を専門に買取るサービスです。
専門的なサービスですので、着物や帯も正しい査定が期待できます。
着物買取業者は国内だけではなく、海外にも販売ルートを持っていることも多く、古いものでも良い価格が期待できます。
着物にも多くの種類がありますが、特に有名作家の作品や人気ブランドのものは高値が期待できます。
汚れや傷、においがついているものは価格が下がる傾向にありますので、着物買取を依頼する前にはまずは着物の状態を確認することがおすすめです。
香水のにおいは陰干しをすることで軽減することもできます。
汚れはできるだけ落としておきたいところですが、無理をすると汚れが広がる場合もありますし、色落ちの原因にもなりますので無理のない範囲で落としましょう。
着物買取のコツとしては、証紙や落款など着物の品質を証明できる書類が残っていれば一緒に見せるとより査定額アップにつながります。
購入時についてきた箱や保存袋などの付属品もあればさらに査定アップが期待できますので、残っていればできるだけ揃えておくことがおすすめです。

Page Top