前へ
次へ

家で眠らせておくよりも状態の良い段階で着物買取へ

テレビで流れるCMを見ていると様々なリサイクルショップの宣伝がありますが、着物買取専門店のCMを目にする機会もあります。
日常生活を洋服で過ごす人が大半の現代ですが、お正月や結婚式などの御呼ばれや、何かおめでたい席や御呼ばれの時、お花やお茶のお稽古事などで着物を着用する機会もあります。
普段はさほど着用頻度は多くはないにしても、日本人にとって着物は特別な装いであることに変わりはありません。
とはいえそんなに着る機会もないうえに、ずっと着ていない着物が、タンスの奥にひっそりと眠っていることもあります。
いつまでも眠ったままで手を付けないと、色が変わったりしわになったり、虫食いになったりすることもあるので、着物買取へ出すのも一案です。
ときどき着るのであればよいですが、その予定もないままならば、しまっておくより着物買取に出す方が賢い選択になります。
できるだけ早い段階で、状態も良い着物のまま売った方が高値が付きやすいからです。
思いのほかたくさんの種類があるのも着物でありので、着物買取に出すにしても買取相場は、着物の種類により異なります。
ある程度の着物買取での価格相場を頭に入れておくと、どれくらいで売れるかの検討が付けられるので便利です。
種類別に買い物買取価格相場を知ると、着物買取へ出すのもより楽しくなります。
落ち着きと気品のある訪問着であれば、2000円から200000円くらい、振袖だったら2000円から140000円が目安です。
付け下げならば2000円から80000円ほど、色留袖の場合だと2000円から70000円を見ておきます。
小紋は3000円から100000円くらいが相場で、黒留袖は2000円~から70000円です。
持ち込む着物の状態だとか、季節などにとっても値段の相場は変動をします。
でもある程度の参考を知っておくと、査定へ出す際のよい参考材料になりますし、高く値が付いたらラッキーです。

Page Top